気持ちいい季節ですね

「あ~ 天気よくて最高に気持ちいいのに、どうしてピアノばっかり弾いてるんだろう」
って言おうとして、よくよく考えたらちっとも”ばっかり”ではないことに気づきました。
そんなセリフは、ピアノばっかり弾いてから言うもんです。

唐突ですが↑これを書いていたら、
b0131993_16365314.png「おれ、かあちゃんの奴隷じゃないっつーの~!」



b0131993_16374546.jpg「そんなセリフはねぇ、奴隷みたいに働いてから言うもんだよ!」




というドラえもんの映画中でのセリフを思い出してしまいました。
まぁこの後ジャイアンは集団家出を計るのですがね(笑)
さぁ、みんな発表会も近づいてきたからがんばろ~!
時にはピアノの奴隷になってみましょう(笑)
(自分に言ってる)






ギガゾンビが怖い、って言って通じる人はいるんでyしょーか。。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
# by kabopiano | 2013-05-21 16:49 | おしゃべり

これだけは覚えておきたい音楽用語

rit.(リタルダンド)
a tempo(ア・テンポ)

これらは数ある中でもひじょーにメジャーな音楽養母。打ち間違った。用語です。
テンポをだんだんゆっくり、と元の速さで、の意。

先日、小学生生徒にこれらの説明をしたんです。
その生徒はピアノ始めて1年半くらいだけど、今度弾く発表会の曲ではもうこんな記号が出てくる曲を弾くようになるなんてねぇ。
そう考えたら、毎日を一生懸命生きている生徒がいとおしくていとおしくて。

さて、ここでもう一度復習の意味で「この記号、なんだっけ?」と聞きました。
するとその生徒は、
「ん~、アテンダンポ?」

!!!!!(@_@;)
リンスインシャンプー的な?テレビデオ的な?こたつ的な?(こたつは違う)


なんていうか…私の完敗です(笑)



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
# by kabopiano | 2013-04-18 14:51 | レッスン

オーケストラやっててよかったな~

学生時代、オーケストラでヴィオラを弾いていました。
ヴィオラを選んだきっかけはねぇ、なんか運命めいてるんですよ。

うちにはチェロがあったので、マイ楽器使えるしそれにしようと思っていたぴちぴちのヤングな私。
ところが一番最初のオーケストラ楽器ふれあいタイムにて、さらっとヴィオラを触ったその時。
電撃、走る。
どうせヴァイオリンのでっかいの程度にしか思ってなかったヴィオラ。
しかしなんでしょう、この深くしっとりしていながら艶やかで華のある音色は。
そしてその形。
弦楽器はどれも同じ形をしていて大きさが違うだけと思われがちですが、私にはあのフォルムがものすごく美しく見えたのです。

家に帰ってチェロのことを考えれば考えるほど、ヴィオラのことが頭から離れませんでした。
こんなに何かにグイグイとひっぱられるような引力を感じたことはありません。
湯船につかりながら私は「絶対ヴィオラだ!」という確信を感じました。

こうして私とヴィオラは6年間を伴にすることになったのです。
結構ビビビな感じでしょ♡

オケのことなんてなーんにも知らないで楽器を始めたのですが、オーケストラの中でのヴィオラの役割って地味なのね。
「ヴィオラジョーク」というものがあるぐらい、地味すぎてなんか卑屈なジョークさえ生まれてしまうようなポジション(笑)興味ある方はぐぐってみてね。ガーンって感じだから。

中でもヴィオラがよく任される役割が3つありまして。
それは「裏打ち」「刻み」「シンコペーション」でしょうね。
似た臭いヴァイオリンやチェロがメロディー、オブリガートなどなど目立ってすてきな所をやっている最中、もくもくと裏方作業をやっているような感じです。

そんな地道な活動を「相変わらず地味だよね(笑)」と笑う人もいましたが、私としてはこれらの3本柱が大好きでした。
なにが楽しいって、自分のやっている作業によってハーモニーが作られていくあの感じかなぁ。
メロディやベースばっかり聞こえがちだけど、「あぁ内声ってこんなに美しかったんだ。作曲家はここでこんな和声をつけてくれたんだな。この音がこっちに行くのって、この作曲家らしいんじゃないかな」なんてことに、ヴィオラを弾いているとよく気がつくんです。

そのおかげか、ピアノを弾いていても未だにヴィオラっぽいところにはピンと反応してしまいます。
例えばここ。
b0131993_1752128.jpg

ちょっと見にくいんですが、黄色で囲った内声の部分、ここは完全にヴィオラのシンコペーションだと決めつけております(笑)
ここ練習するのちょ~楽しいんだこれまた。
しかし、ヴィオラでできたことをそのままピアノでやろうとすると、めっちゃめちゃ難しかったりするんだなーこれが!
どうしたらここ、ヴィオラみたいにきれいな内声になるかなぁと、日々模索中です。

うーん、ほんとはヴィオラもやりたいな~~
(楽器がないのです。ふぃ~)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
# by kabopiano | 2013-04-12 17:10 | おしゃべり

かじはらピアノ教室のCMがあったなら

「ピアノ上達の一番簡単な方法は、1.練習。」
【常時 鬼怒子 先生(練習促進術)】


「ピアノなんて楽器なんだ、こんなものやれば誰だって弾けるようになる!」
【黒井 鍵 先生(精神論)】


「楽譜を、どう読んでいくかということ。」
【本田 らけ 先生(アナリーゼ)】


「指づかいがすべて、瞬時に導ける。」
【五指 良男 先生(運指法)】


「練習の目的がちょっとでもあいまいになってくると、途中で間違ってくるんだよ。」
【進藤 正道 先生(トレーニングコーチ)】


「朝一の平均律が怖いってことを、今日何度も言っときます。」
【三声 探 先生(古典)】


「じゃ、いつ弾くか。今でしょ。」
【梶原 さくら 先生(こたつ)】


…っていうことを考えていたら、貴重な一日が終わっていました。
そんなわけで新年度です。
みなさん、春からピアノを始めてみませんか。
きっと楽しいよ~
さぁ明日も(は)がんばりましょうね!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
# by kabopiano | 2013-04-02 00:02 | 考えていること

エンゲージリングもらっちゃった…

なんで私の薬指のサイズ知ってたの?
大切にするね♡

b0131993_133919100.jpg


b0131993_1342245.jpg



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
# by kabopiano | 2013-03-14 13:42 | レッスン

スタインウェイとヤマハの違いってなに?

このあいだ弟と話していたときに、
「ねぇ、スタインウェイとヤマハのピアノってなにがちがうの?」
と聞かれた。

まぁわたしとしては音楽に全く関係のない弟がスタインウェイを知っていたことにびっくりしたのだけれど笑、わかりやすそうな所をさらりと説明した。
でもあんまりピンときてない様子。
あれがちがう、これがちがうと言われても、まずもってピアノなんか弾かないんだから実感として理解できないのはそりゃ当然よね。

なのでふと、こんなたとえを話してみた。
「なんだろうな~、ひとくちに『パソコン』って言っても、OSがウィンドウズかマックかで全然別物じゃん。そんな感じ。」
すると弟は目からうろこが落ちたような顔で「ああ!なるほどね!」と言った。
この現代っ子め。
でも私、マックのパソコン使ったことないんだけどね(笑)超てきとー!
こんな説明しかできないなんて、私もまだまだだな!



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
# by kabopiano | 2013-03-07 13:45 | ピアノ

暗譜の王道

パソコンに向かう時間と気力がないのを言い訳に、近ごろはぽつりぽつりの更新です。
あと、現在リビングが物置状態になっているので、パソコンを広げるスペースを作らないといけないのも拍車をかけているかも(^_^;)

今まで何度も「あ~これはもう完全に駄目だな」と思うことや様々なピンチがありました。
ピンチのたびに「今回こそもうだめだ!」と思うのですが、喉元過ぎてから振り返ると失敗しつつもなんとかなったりしているものです。

でもね、今回はさすがにだめだと思うんだ。。

今弾いている自分の課題曲のことなんですけどね。
結構な量を暗譜しようと試みているものの、暗譜以前に満足に弾けないんだもの。
最初のうちは生き急ぐ気持ちでハカハカしていたのですが、私悟りましたよ。
ハカハカしようがしまいが、弾けてないことに変わりはない、と笑。

そんなわけで「暗譜しなきゃ!」という考えをまず捨てて、腹をくくって重箱の隅をつつくような練習にきりかえました。
そうした時に見えてきたのは、なんと言いましょうか、曲の道すじです。
ここのメロディがこちらに移り、ここに現れて、その時に手はこういうふうな形で移動していて、集合して、離散して、仲間をつれて戻ってきて、それって実はコレをやりたいからこそのアレで。。
そんなことが見えるようになると、なんかこの曲って甥っ子にいつも読み聞かせしている絵本みたいだなぁなんて思ったりするのです。

甥に絵本を読んであげると、もうストーリーをわかっているものだから
「それでこのむすめが変身しちゃうんでしょ?」
なーんて先に言ってきたりします。
自分は読む方で何十回も呼んでいるお話だから、もちろんストーリーは知っています。
だからこそ、自然といろいろなパターンでセリフを読んだり予想を裏切るような話し方で、聞き手に毎回新鮮な楽しさを提供できるのです。

ピアノ曲も同じで、おおよその筋は知っていても、自分の中で明確な筋道ができていないと表現には至りません。それに筋道が見えているからこそ表現の動機が明らかになるわけで。
暗譜というのはその筋道と、筋書き通りにピアノを演奏する時の体の使い方を頭と体にインプットすることであって、決してダイジェスト版の物語を暗唱することではないはずです。

パーツを集めて、組み立てて、修正する
という過程を経ないと、どんなに時間をかけたとしたって曲は仕上がりません。
暗譜暗譜!と勇んで、そのへんにあるちぐはぐなものをとってつけて組み立てたって、曲にはなりませんよね。
あたりまえだけど、いざとなると忘れてしまうものです。

暗譜の近道は暗記することでもなんでもなくて、曲の筋書きどおりに細やかな練習をしていくことが王道にして近道なんじゃないかなぁと思った今日この頃です。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
# by kabopiano | 2013-03-01 16:44 | 練習

昼寝とコタツと私

今日もいつもの睡眠不足   体がほてってきちゃったよ
たくさんやることはあるのに 頭がちっとも働かない

名曲ですね。笑
今のボーイズアンドガールズはキテレツなんて見たことも聞いたこともないんだろうな~
さてさて、みなさんならそんなときどうしますか?

昨日は今世紀(たったの13年だけど)最大の寒波の襲来により、仙台もご多分にもれず極寒を味わいました。
なんか寒いだけで体力使うのね。
外から帰ってきてこたつに入ったら、眠くなるのは必至。
ピアノを弾かなきゃ。たくさんやることはある。
でも体がほてって頭もちっとも働かないの。
今日は休日。

こうなったらもう、私の場合はお昼寝コースまっしぐらでした。
30分の予定が、気づいたら3時間寝ちゃってるし!もう笑うしかない。

でもでも、お昼寝後のしゃきっとした頭で練習した時の集中力といったら。
練習がうまくいったのだけが唯一の救い。
差引で見たら3時間のマイナスなのは揺るがない事実だし。

ああ空はこんなに青いのに  風はこんなにあたたかいのに
太陽はとっても明るいのに   どうしてこんなに眠いの?

風はつめたいけどね。
万年思春期かというくらいいつも眠子。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
# by kabopiano | 2013-02-26 16:21 | おしゃべり

新作楽譜ができました

グーテナハト!
今日は冬の新作できました。
それがこちらです。どーん
b0131993_2127027.jpg

仙台原典版、もといウィーン原典版でーす。
これはL版、写真サイズになっております。
ピアノソナタなんて作曲してないけどね!サインもなんとなくそれっぽく書いたんだよ~。
出版社は「音楽ヶ友社」にしたので、音楽之友社関係の方の目に万一とまったとしても怒らないでください(笑)

ヘンレ版サンクスカードと並んで。
b0131993_2132203.jpg

あらかわいい♡
そんなわけでまたパクリ品作ってあそんでいました。
さて、次回作る予定は何版でしょうか?なんてね


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
# by kabopiano | 2013-02-21 21:36 | レッスングッズ

足りぬ

どうあがいても時間が!足りない!よ!!
でも一日48時間あったら2倍の仕事量が自ずとやってくるわけだから。
そーんなのーはーいーやだ!

そんなわけでブログが手抜きですみません。
さて、明日は自分のレッスンです。がんばるぞ~



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
# by kabopiano | 2013-02-18 09:55 | 練習

かじはらピアノ教室ブログです♪


by kabopiano
プロフィールを見る