カテゴリ:ピアノ( 23 )

「先生のピアノが聴きたい」の声に

たまに「先生のピアノが聴きたいです」と言われる事があります。
ドキッ!とする瞬間です。

ピアノの先生にはいろんなスタンスがあり、
演奏をメインにしながら教えている方と、
教えるのをメインに少し弾いている方と、
全く弾かずにレッスンメインの先生がいます。
ここでいう「弾く」は演奏活動の事です。

ピアニストの先生に習えば、たまに演奏会もあることでしょう。
でも、いわゆる街のピアノの先生は、そういう機会はめったにありません。
演奏家ではないので演奏会そのものがなく、弾く機会があるとすれば発表会や何かの催し物だと思います。

でもピアノの先生はピアノを教えています。
ピアノを教えているのに、どうして演奏をしないのですかと言われる事もたまにあります。
はい、これは大変難しい問いかけです。言われると相当悩むのは間違いありません(笑)

私自身、教える立場でありながら、習う立場でもあります。
先生の演奏を聴きたいという気持ちはいつも持っています。
ですから「先生のピアノを聴きたい」という気持ちはよ~くわかります。

そういう声に何らかの形で応えられるように、自分自身もずっと勉強を続けているわけです。
もちろん生身の人間ですから、できる事とできない事はあります。
でも、一所懸命ピアノと向き合っている姿は、何らかの形で生徒のみなさんにはお伝えしたいと、常に考えています。
それがピアニストのようにきちんとした演奏会ではなくても。
教室の中、発表会の舞台、あるいは何かのイベント。

残念ながら私の場合、発表会という激務の最後なり途中なりで、
自分のソロを弾く事はなかなかかないません。
演奏慣れしていない分、たった1曲でもかなりのエネルギーと集中が必要だからです。
そのために、発表会の段取りや進行、出演者1人1人の演奏や心のケアがおろそかになる事も恐れます。
大事なのはまず、出演者1人1人がそれまでの練習の成果を発揮できるように助けることだからです。
それが、私が発表会でソロを弾かない理由です。
みなさんが集まって下さっている時に弾けたら一番いいのでしょうが、そこまでの余力が発表会当日にはありません。
なにしろ、発表会が終わって楽屋に戻ると、体重が落ちていますから^^;
また、正直な事を言うと「先生なんだから弾けてあたりまえ」という視線を浴びながら弾くのは、逃げ出したくなるほど過酷な状況です。
そういう中、毎年発表会でソロを弾いている友人同業者が何人もいますが、本当に頭が下がります。


でも発表会とは全く違う機会を作って、自分だけのためにエネルギーを注げる形で、何か企画したいという考えはあります。
演奏家ではないピアノ教師も、やっぱりピアノを弾いてこそだと思うからです。

こう書いてしまって、あとから冷や汗をかくのは自分なのですが。
ちょっと墓穴を掘った気もします(笑)


バラしてしまうと、本当は今月23日、ここで生徒&おうちの方対象に、ピアノを聴いてもらう計画がありました。
ベーゼンドルファー225があります。
諸事情で中止になってしまいましたが、来年はなんとか実現させたいものです。



がんばります♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

ランキング参加中です
クリックで応援よろしくお願いします
[PR]
by kabopiano | 2010-09-14 16:39 | ピアノ

よい子のおやくそく

よい子はおしたりたたいたりしません
ともだちとなかよくしましょう

ピアノはともだち



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

ランキング参加中です
クリックで応援よろしくお願いします
[PR]
by kabopiano | 2010-09-04 16:11 | ピアノ

ズーズーしく弾こう

ずうずうしいという言葉は、いいあまりいい意味ではありません。
学校や社会の中でずうずうしい態度をとると、きらわれてしまいますね(笑)

でも、ピアノを弾くとき、ユーモアも込めてちょっとずうずうしくなってみましょう。
この場合、「ズーズーしい」の方が私のイメージではぴったりです♪

ピアノは言葉のように、はっきりとした意思やイメージを伝えられません。
「たぶんリンゴだと思います」
「なんとなくリンゴのような気がします」
という気持ちのピアノの表現は、聴く人に伝わらないのです。

わ~たし~はまっか~なリンゴです~~~♪
としっかり言わなければ、「リンゴのひとりごと」にはなりませんね。(古すぎ!)

ここはクレッシェンドォォォ~!でも丸い音でやわらかく~~~、
そしていきなりジャンプして着地~~~!お見事~~~!ぱちぱちぱち♪
くらいの気持ちで弾いて、実はちょうどだったりします。
表現は、自分が思っているほど大きくなっていないことが多いです。

言いたい事をアピールすること。
弾きながら、マンガの吹き出しをつけて説明するわけにはいきませんから、
ピアノで雄弁に語るにはどうしたらいいでしょう。

いえ、ワタクシなどはとてもとてもそのような・・・ご遠慮申し上げます、、
なんて言ってるようじゃイケマセン(笑)

明るく楽しいズーズーしさ。
言いたいことを表に出すパワー。

すでにズーズーしい人はこれ以上しなくていいですよ(*^_^*)


ズーズーしく「クリックしてね!」と言ってみます
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
by kabopiano | 2010-08-31 19:50 | ピアノ

かじはらピアノ教室ブログです♪


by kabopiano
プロフィールを見る