指先の乾燥と汗

この季節に自宅で練習すると、指が黒鍵から落ちまくり。
夏でもそうなるので、さらに乾燥した冬にピアノをミスしないで弾くのは至難の業です^^;

ピアノの鍵盤にもいろんな種類があって、
最近の鍵盤は汗で滑らないことを想定してあるかのように、少々かさかさしています。
それに比べて、少し昔のピアノはつるつるなめらかです。
私のように指先が乾燥している人には、なめらかな鍵盤の方がちょっとだけ楽だと思います。
手や指の汗については個人差が激しく、
逆に指の汗で鍵盤が滑って困る人もいるようなので、人の悩みとはわからないものです。

少しでもひっかかりがほしいからと、油分やハンドローションで解決できるかというと、
やはりそうはいかないのですね。
必要なのは油分ではなく、水分。

かと思うと、本番ではやたらに手から汗が出ます。
自宅ではあんなにかさかさで困った指なのに、
今度は指の股にまで汗をかいて、指同志が摩擦を起こし、指さばきが悪くなります。
一度この状態で舞台に出てしまい、とんでもなく困った経験があります。
それを防ぐために、汗を洗い流すのですが、気をつけないと手が冷える事もあるので大変です。

本当ならピアノを弾く事だけを考えていたいのに、
汗が出る出ないで、こんなに一喜一憂するなんて。
ピアノを弾くのは、いろんな意味で難しいですね。
今一番ほしいのは、記憶力のいい頭やすばらしい表現力以前に、
適度な汗が出る指先です。(切実)


乾燥で困っていたらクリックしてくださいね(・。・;
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

ランキング参加中です
[PR]
by kabopiano | 2010-12-28 22:33 | ピアノ