レッスンに欠かせないモノ

私はレッスン時に楽譜中の音符を指差すことが結構あるのですが、体勢的にちょっとキツい場合があります。
書き込み用のエンピツなどでひとつひとつ指差したりするけれど、自分に対して向こう側のページや、ちょっと音符の大きさが細かいものなどは指しづらいな〜…と。

はい!そんな悩みを抱えているピアノ教師の皆様に朗報でございます。
それがこちらになります。
b0131993_17513621.jpg
少し前に某魔法の世界で購入した、魔法の杖です(笑)
冗談半分で書きましたが、実際に棒があると便利です。
わざわ変な中腰しなくてもよくなったし、場合によっては指揮棒になるかも…⁉︎笑

なんて思いつつ今日も杖をスッと出したら、横で見ていた生徒のおかあさんが、
「!!!!
何かと思いました〜!えっ、叩くのかな〜?なんて(笑)」
と。
いやいや、叩きませんよー!(笑)

またある生徒は、なんだかニコニコしているのではてどうしたことかと思っておりましたら、なんとその生徒も魔法の国に行ってマイ杖を買ってきたとのことでした。
b0131993_18013856.jpg
大きくなってピアノの先生になったら、それで楽譜指差してね(笑)
人間界でも杖を役立てられてよかった…。



[PR]
# by kabopiano | 2014-10-23 18:06 | レッスン | Comments(0)

発表会が終わりました

先週の土曜日、発表会を無事に行うことができました。
それもこれも、生徒の皆さんやご家族、またお手伝い頂いた方々のおかげです。ありがとうございました。
b0131993_08521230.jpg

ちゃんと一人で舞台に出ておじぎできるかな〜、という子から、この一音に懸ける!という思いの方まで様々でしたが、本当にお疲れ様でした。
言葉にするのは難しいですが、皆さんそれぞれのスタイルで頑張っていたなぁと感じています。

写真は今年のプログラムです。
例年比かなりシンプルですが(ここ数年がなぜかにぎやかなプログラム表紙だっただけかな?笑)個人的にはとても満足の仕上がりです。
何を隠そうコレ、うちのピアノなんです♡
ちょっと埃を拭いてiPhoneで撮影しただけなのに、こんなに絵になるなんて!
私はピアノ線が交わっているシャーシャーの線を見るのがとても好きです。
見ようによっては高速道路のジャンクションみたいじゃない?
あまり情緒のない喩えをしてしまいました(^^;;

発表会関連の雑務の中では、もしかしたら表紙作りが一番好きかも〜
はやく来年の表紙(だけ)作りたいな〜(笑)






にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
# by kabopiano | 2014-08-02 08:50 | 発表会 | Comments(2)

発表会ポスターなどなど

発表会がいよいよ近づいてきました。
準備物の中でも、こまごました印刷物関係がある程度一揃いして少しほっとしているところです。

今年は大きいポスターがあったらいいなぁと思っていたので、おなじみのWord2010を使ってこじゃれた雰囲気のポスターを作ってみました。
いいかげんフォトショ覚えなさいというかんじですが、年々ワードを使うテクニックが増すばかりで…。
自画自賛ですが、すてきポスターができましたよ♡

A4に印刷したものをコンビニのコピー機で大きくしたのですが、その際あやまって最大サイズのA1に拡大してしまいました。
そのおかげで、よくライブやなんかで見るサイズのポスターができあがりました(笑)

プログラムやポスター作りをすると毎年
「今回はいままでをはるかに凌ぐ出来栄え!これは近年まれにみる出来だ」
などと花粉症予想やボジョレー的なかんじで自己満足に浸るのですが、今年も言わせて下さい。
過去50年で1番の出来!
今年のはなんたってモデルがいいからね~♪

公開は、発表会が終わってからのおたのしみ!


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
# by kabopiano | 2014-07-24 00:06 | 発表会 | Comments(1)

いい香りの教室です?

今年も発表会がせまってきています。
来月の発表会に向けて、レッスンも大詰め…のはずなのですが、
とある姉妹の生徒が突然レッスン中にこんなことを言いました。

姉「なんかさ~、先生が隣にいるといいにおいする~!」
妹「あ、ほんとだー!」

なんだそりゃ!笑
ちなみにその時私は香水などはつけていなかったので、
いいにおいはしていないはずです。

私「全然いいにおいしてないと思うよ?
  ていうか、姉ちゃんと妹ちゃんは洗剤のいいにおいがするよ♪」

というと、妹ちゃんが姉ちゃんのにおいをかぎ始めました。
「どれどれ?…ブヘッ!姉ちゃんの服、なんか柿のにおいがする!」


柿!!
柿ってなに~!笑


私がお姉ちゃんのにおいをかいでも、
柿のにおいは全然しませんでした(笑)
人それぞれ、においの感じ方が違うのでしょうか?


何のレッスンだ!と思われてしまいそうですが、
こんな調子でみなさんそれぞれ一生懸命がんばっています。
来月まではりきっていきましょう!(^^)!




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
# by kabopiano | 2014-06-26 00:37 | レッスン | Comments(0)

教室の新ポスターができました!

ここ数日ぽかぽかしているので11月に入ったことをすっかりわすれてしまいますが、もうじき冬がやってきますね。
かじはらピアノ教室も、気分を変えてクリスマスバージョンの教室ポスターにしてみました!
b0131993_15731100.jpg

写りが悪いのが残念ですが、実物はもうすこし鮮やかでいい感じなんですよ。

12/25までの期間限定掲示なので、お近くの方はうちの教室の近所にあるスーパーへぜひ~☆笑
また、かじはらピアノ教室HPはこちらです→ 教室HP



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
# by kabopiano | 2013-11-06 15:12 | レッスングッズ | Comments(2)

ばんがれ楽天

どうもこんにちは、本当にお久しぶりです。
相変わらずの筆不精でごめんなさい。謝るのも何度目でしょうか( ̄▽ ̄;)

プロ野球では日本シリーズやってますね。
楽天イーグルスが活躍してるとあって、やはり仙台ではかなり盛り上がってる感じ!

うちのピアノ教室にも楽天ファンは多いようです。
ある子は「Kスタ(楽天のホーム球場)のライトはもっと上向きだし〜、もっといっぱいあるんだよね」
と言いながら、レッスン室の三連スポットライトをカチャカチャと球場風にセッティング。

そしてやっとライトの調整が済んだかと思うと、「ドラフト会議♪⚪️⚪️ ⚪️⚪️(自分の名前)さん」とうれしそうにつぶやいてました(笑)

あんなに球場のライトにこだわってたのに、まだプロ入りしてなかったのね。笑

レッスンの最後に音楽カルタをやった時には、「カルタのクライマックスシリーズだな。」だって(笑)
そしたらクライマックスシリーズのCSって、carta series って意味かな?笑

こんな調子でうちの教室は、生徒も私も相変わらず楽しくやってるのでした〜003.gif


ちなみに私と甥っ子のこの夏のブームは、楽天の応援歌を大音量でかけながらのドライブでした。
窓開けてるしなかなか恥ずかしかったよ。。




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
# by kabopiano | 2013-10-29 00:31 | レッスン | Comments(0)

「なんでぞうなんですか?」

私の第3の故郷山形が、水浸しだと思ったら断水というニュースを聞き驚いています。県内でも状況は違うと思いますが、心配です。
友達が「水出た」って言ってたけど、早く平常運転に戻ることを願ってます。

さて去年、今年の発表会のプログラムは、記事でも書いたようにぞうが表紙です。
だけど生徒からしたら、なんで突然ぞうのプログラムなんだ??と思ってると思います。
やはり今年はとうとう「なんでぞうなんですか?」と聞かれました(^_^;)

実はこのゾウ、学生時代に授業中こっそり描きしたためたマンガが元になっています。タイトルはずばり「ぞうのマンガ」。
授業ちゃんと聞きなさいってね…。
そういえば数年前にその原稿がでてきて、懐かしくなったのでブログを作ってアップしたりもしましたねぇ。→ぞうのマンガ
「学生時代に授業中に描いたマンガをブログにしてみました。家族愛、思春期、食物連鎖などのデリケートな問題をテーマに盛り込んだ、何の教訓もないマンガです。ちなみに登場人物の名前は音楽用語。どうぞお読み下さい。」
(ブログ紹介より抜粋)

そんなわけで思い出深いぞうさん。
今となっては、なぜマンガを描こうと思ったのか皆目わかりません。
しかも人間は難しいからぞうさんにしようというところがまたしょうもないです(笑)
確か当時使ってた筆箱がぞうさん柄だったからぞうにしたような気が。
むしろ発表会プログラムはぞうのマンガのスピンオフ作品(?)笑。

そしてそして、なんか気分が乗ったので、ブログスキンも今年の発表会プログラムの絵に変えてみました。タグだっけ?やったことないからちょっと苦労したよ!
なんでぞうなのかって、これしか描けないんです(笑)
まぁものすご~~~~くお暇があってしょうがない時にでも、ぞうのマンガブログも遊びに行ってみてください。
記事一覧を見るとわかるのですが、その1~その4というタイトルが1作目、エピソード1~4というのが2作目です。2作も描いたのかよ!という皆様の心の声が聞こえてくるようです。実はアップしてない3作目もあるんだ(笑)


ぞうに一票よろしくね♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
# by kabopiano | 2013-07-24 15:02 | 連絡 | Comments(2)

発表会と1周年の心のイボ

今回で発表会記事はたぶん最後です。
またこの記事を書くと、ブログのランキングサイトの記事一覧が全て「発表会…」で始まるタイトルで埋め尽くされるので、そういう意味でも一区切り。
ていうか「発表会」で始めたいがためにすっごい無理やりな題名になってしまった今日の記事、話は一年前にさかのぼります。

一年前の発表会の時というのは、今年と全然違う意味でピアノをLOSTしていました。
(発表会シーズンになぜかLOSTしまくりですね)
ピアノ教師になって2度目の発表会。
震災直後でなにがなんだかわからなかった1度目の発表会と比べ、「自分は今まで一体何を学んできたのだろう」「自分に教えられることはあるのだろうか」という思いが頭のなかをぐるぐるしていました。
学生という立場から放り出され自分ひとりでピアノを弾こうとしたとき、どういう方向に自分のピアノを進めていったらいいのか全然わからなかったのです。
当時の私は赤ちゃんが歩行器に乗って歩いていたようなもので、歩行器を取り上げられたら全然自立して歩けなどしなかったのです。

そんな沼の中でふがふがしているような私をひょいとすくいあげてくれたのは、今現在私がついている先生でした。
先生には以前からお世話になっていたので、エビチリを食べながら自分の状況をぽつりぽつり打ち明けました。
先生が提示してくれた解決策はいたってシンプル。「ピアノ弾こう」でした。

それまでのように単発でレッスンしてもらいに先生の所に行くのではなく、絶対月に1回(私の場合はこの頻度)何があってもいくという生活が突然始まりました。
それがちょうど去年の今頃だったなぁ。
へたれたことを言います、一回だけにしますので言わせてください。
この一年は正直、時間も体力もお金も追い込まれてる感も、全部きつかったです(苦笑)
でも先生からしたらまだ全然手加減してるんだというのはひしひし感じます(^_^;)

一年たってピアノが上達したかどうかは、自分ではよくわかりません。
でもこの一年間がなかったら私は全くの別人になっていたんじゃないかと思うほど、今日までの日々が自分の栄養になっているのだけはよくわかります。
先生って、「歩行器」じゃなくて「伴走者」のほうがしっくりくるかも。
アドバイスくれながら一緒に走ってくれてるの。

そうそう。先生のほかに私をひっぱりあげてくれた存在がもう1つあります。
ベートーベンピアノソナタ30番。
1・2楽章もいいんだけど、私の心の琴線に直接触れるのは3楽章なんです。
理由は特にないし、とりたてて好きな曲調というわけでもないのに、聴くと&弾くと心のニキビもおできもイボも全部が洗い流されるような、私にとってはそんな曲です。
一年前は弾くなんて思ってなかった曲をいくつも弾けたけれど、30番の3楽章は好き嫌い得手不得手の枠を飛び越えた、心の中に直接ガツンとくる曲なのは一年たった今も同じです。

だから今年は、私が再び生まれて2年目。
発表会が私の誕生日だ。

さて、腕がちょっと痛くなってきたからここいらで失礼します。
これからもそんなわけでちょびちょび更新が続くと思いますが、細く長く見守ってください。
センキューソウマッチフォーエブリワン


気が向いたらおしてください
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
# by kabopiano | 2013-07-24 00:34 | 発表会 | Comments(0)

発表会と講師演奏

生徒は、先生はいつどんな時でも上手にピアノが弾けるものだと無意識に思っていると思います。
そんな前提の中で弾かなきゃいけないという恐ろしい瞬間、それが講師演奏です。
昨年の発表会では時間の都合で講師演奏ができなかったので、違う時期に演奏会を開いてピアノを聴いてもらいました。
だけど今年は…なぜだろう、講師演奏やろうってことにしちゃったんですよね…
「しちゃった」っていうのは変ですけどね(^_^;)

実は発表会前、手を痛めてしまいました。
今までは何しても痛めたことはなかったのですが(練習量の少なさを露呈)、発表会前ということもあり高さの合わない場所で無理やりパソコン作業していたのが直接の原因だと思います。あとスマホとかなにげ負担かかりますよね。
ピアノもパソコンもその他負担になるものは一切断って休ませるしかないので、気持ちは焦りまくりです。
そんな中でも何か望みや闘志などが心の中にあればまた違ったのですが、様々な出来事が重なって正直なところ生きるのに精一杯、気持ちの上でもピアノどころではない状態でした。
私普段は小さい浮き沈みはあっても、基本精神的に落ちるとか大崩れして生活に支障をきたすということがほとんどないのが唯一の長所だと思っていたのですが、あんなふうにピアノに向かえなくなるとは…っていう感じでした。。

もう発表会まで1週間ちょっと。
「講師演奏、別に必ずしもなくたっていいんだよ」
という甘言がどこからか聞こえてきました。だって、大体準備が間に合わないもの。
でもそんなとき、頭に浮かんだのはやっぱり生徒の顔でした。
別の機会に演奏会をしても、正直な所発表会ほど多くの人たちが来れるわけじゃないです。
それに今年が発表会に初参加の生徒は?人前でピアノを弾くっていうことがどういうことか全く体感したことがないわけです。従って保護者の方はなおさらそうでしょう。
生徒たちにレッスンでたくさん積み上げてきたことに対して、これではリアリティと説得力と裏付けがないんじゃないかとも思いました。
腕を痛めてしまった不可抗力とは言え、心の中ではアクセルとブレーキが混在しているような状況の中でとても葛藤しました。

本当のところ、発表会で講師演奏をするかしないかというのは、私はどっちでもいいんだと思います。
やれたらグッジョブだけど、発表会の運営自体に支障をきたすと感じたら他の機会を設けるのも全然アリかなと考えています。それは別に逃げでもなんでもないと思うし、時によっては逃げてもいいのかも(笑)
だから時間的な問題や状況によって、そんなのはすぐに表にでも裏にでもひっくりかえるようなこと。
だけど今回私の出した結論は、それでも弾くということでした。
こんな気持ちや状況で弾くことこそ、普段のレッスンに対する裏付けには程遠いしむしろ失礼なことなんじゃないか…という迷いはもちろんありました。
それに大体まだ腕も痛いし準備が十分できるわけないし、満足いかない演奏になってしまうだろうという思いを抱えながら本番を迎えることほど嫌なことはないです。

しかしながら、絶対やれ、やらない方が後から悔やむという思いをなぜだか最後まで強く感じました。
発表会プログラムの件じゃないけど、何かが降りてきて横で喋っているかのようにその思いを無視できないんです。ふしぎと。
あちゃ~これはやるパターンか…(笑)
もう失敗しようが心折れようが、これが今の自分の精いっぱいだというラインまで毎日やるしかないんです。
だからもう失敗するだろうとかそういうことはもはや別次元の話、関係ないんです。時間が足りないのは百も承知だけど、今年の私が生徒に見せられる姿というのは「舞台に上がる」ということしかないんですから。


こんな感じで講師演奏をやってきました。
でね、結果的に言うと、まじで舞台に上がっただけ(笑)演奏は散々でしたよ。
かっこ悪いし生徒に合わす顔なーい と思ったけど、だってしょうがなかったんだもん。異論反論オブジェクションおありでしょうが、私は今回ばかりは開き直ります。あれは私の精一杯でした。すんまそん。
これで大成功だったら美談だったんだろうけど、決めるときに決めない女、それが私!



オレは、持ってない。
(CMの本田圭佑ふうに読んでね☆ミンティアは常時携帯してるんだけどな)




繰り返しになるけど、今年はただ単に弾くという決断だっただけです。
発表会に向けて自分を引き上げていかなきゃいけないとき、自分の内面と対峙した結果、結局のところ心の中でギアを入れなおすことが不可欠だとわかりました。それがないと発表会できないよ。
その結果が「弾く」ということになっただけで、場合によっては「弾かない」が一番しっくりくるギアなのかもしれないし。
去年の自分だったら、内面をどうこうできずに舞台にも上がれなかったんじゃないかな。と後付けの理屈だけど思います。
ピアニストだったら気丈に弾いて大成功!じゃなきゃだめなのかもしれないけど、でもピアノ教師だからって失敗してテヘヘで終わっていいわけじゃないよね。
今年はできること全部やって失敗だったけど、来年はできること全部やって成功にできたらなおいいな。



くりっくしてけさいん
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
# by kabopiano | 2013-07-21 20:26 | 発表会 | Comments(2)

発表会プログラムと記念品♪

記念にのせておこうかな。
b0131993_2224731.jpg

この絵はね~ ある晩なにかが舞い降りてきて、一気に描き上げたの。
記念品のタンブラーには、生徒それぞれの名前が書いてあります。
細かいクオリティには目をつぶって下さいね。

今思い返すとこれは時間や労力の割に、なんだか身を削りだすような類のエネルギーを要しましたねぇ。
ま、そんなことはいいんだけど、去年同様ゾウの絵にしてみました。→去年のプログラム

パッと見ではピアノ発表会のプログラムとは思わないようなデーハーな表紙になってしまいましたが、タンブラーにする分にはいいかなってことにします(笑)
これ持ってスタバとか行ってみようかな。なんて。



くりっくしてけろ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
# by kabopiano | 2013-07-19 22:51 | 発表会 | Comments(4)

かじはらピアノ教室ブログです♪


by kabopiano
プロフィールを見る