<   2016年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ハノンは筋トレじゃないから

ほとんとの人がやりたがらないハノン。
ごくたまに「嫌いじゃない」という人もいますが、「ハノン大好き!」という人にはまだ会ったことがありません。
そうですよね。退屈で、面倒で、面白くなくて。
なんでこんな練習しなきゃならないのかと、私も子どもの頃思っていました。
特に1番から30番あたりまでは、延々と左右を同じ音で機械的な音を繰り返し弾かなければならず、これを遊び盛りの子どもに弾けというのは、ある意味拷問かもしれません。

ハノンを始める時に、私はいつも「これは退屈で面白くないからね」と一言付け加えます。
子どもにウソはいけませんから(笑)
でも、ピアノを上手に弾くためのヒントがたくさんあるからがんばろうね、ということです。

指の独立、指の強化というイメージが強いかもしれませんが、私がハノンをレッスンで使うのは、それ以前の目的があります。
それは、頭の中をほぐすこと。
左右の指が対称なのに同じ音を弾くのは、簡単そうに見えて簡単ではありませんね。
同じ指で同じ音だったらどんなに楽だろうと思います。

指の独立とは、指の機能的な意味よりも、頭で指令した事と各指がつながる事だとも思うので、ただ機械的に他の事をしたり考えたりしながらハノンを弾くのは、時間もエネルギーももったいないと思います。
そこをいかに伝えるかが指導者の仕事なのですが、これもまた難しいことです。
だって、ツマンナイ練習だから(笑)

頭をほぐしながら、指や手首や肘、筋肉の状態を確認しながら、無駄な力を使わずに弾く、ってどうですか。慣れたら楽にこなせますが、慣れるまでがとても大変ですよね。
なのにみんなハノンを投げ出さずに弾いていて、エライエライ。

ハノンは決して筋トレ的テキストではないことを、レッスンの中でうまく伝えられたらと思っています。


この頃パソコンを開く事が少ないのでスマホで書いていますが、キーボードを打たないとやっぱり調子でませんねぇ(汗)

[PR]
by kabopiano | 2016-09-16 13:28 | Comments(0)

窓をあけて

何事にも相性というものがありますね。
相性が合わないと、うまくいくはずの事がなかなかうまく進みません。
今相性が合わずに困っているのが、これを書いているパソコンです。
パソコンを始めてから25年以上になりますが、ずっとパソコンに向かうのが大好きでした。
何度買い替えてもその感覚は変わらず、特にパソコンのキーボードに文章を打つのが好きです。
指を動かすのが好きなのかもしれませんが。

ところが、約1年前にこのパソコンに変えたとたん、何もかもが大きく変わってしまいました。
これで6台目。スペックももちろん今までで最高です。
なのにとても重い。思うように反応してくれません。
もとから入っているソフトが多いせいかもしれませんが、HDDの空き容量もメモリも十分あるはずです。
なのに、私の動きとフィットしないもどかしさを感じます。
そしてOSも。
今までなじんでいた表示とかなり違うので、どこに何があるのか感覚的につかめないのです。
wardにしても、2013は機能が充実しているのでしょうが、こんなにパソコンをしてきたはずなのに、ウウムウウムと考え込んでしまうばかりで、なかなか作業が進まないのです。

ということで、パソコンに向かうことがおっくうになってしまいました。
つまりは、ブログをさぼっていることの長い長い言い訳です(笑)

レッスン室の窓は内窓があるので、開け閉めして空気を入れ替えるのがちょっと面倒です。
普段はエアコンで温度と湿度を調整しているので、外の空気を入れることはほとんどありません。
でもここでパソコンに向かう間、久しぶりに窓を開け放してみました。
湿度が上がりすぎてしまうので長時間は開けられませんが、外の空気を感じながら文章を書くのはとても気持ちがいいものですね。

この頃自分自身の空気の循環がうまくいっていません。
インプット、アウトプットのバランス、そしてこのパソコンのように、新しいものになじむ柔軟さ。
いろんな事に凝り固まってしまったら、流れがそこでストップしてしまいます。
パソコンが変わってくれないなら自分を変化させるしかありません。
それはパソコンに限らず、日常の様々な場面についても同じ事ですね。
新しい事や進歩は人間の創りだす素晴らしい力ですから。

でも同時に、変わらずに在るものも大切にしていきたいと思います。



[PR]
by kabopiano | 2016-09-02 10:29 | おしゃべり | Comments(0)

かじはらピアノ教室ブログです♪


by kabopiano
プロフィールを見る