<   2016年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

普段の努力


b0131993_12254897.jpg

先月末に教室の発表会がありました。
かじはらピアノ教室では1年に1度、夏に発表会をするのが常です。
今年の発表会はいつもより人数が少なかったのですが、中身がとても濃かったように思います。
1人1人の力の出し方に、目を見張るものがありました。

素晴らしかったのは、慣れない大きなホールと大きなピアノで弾いた時、その響きを即自分のものにして、弾き方や表現を大きくつかめたところでした。
いつもは自宅や教室のレッスン室という限られた場所で弾きますが、いきなり広い場所で弾くと、今までと全く違う感覚になるものです。それをしっかり体で受け取って、耳で感じて、その場で弾き方を変えるというのは、簡単な事ではありません。
でもそれを多くの生徒たちがしていたので、舞台袖からその後ろ姿を見て頼もしく思いました。

もう1つ素晴らしかったのは、ミスをした時の対処です。
本番は緊張しますし、今までしかなったようなミスをするものです。それはオリンピックを見ていてもわかりますね。
ここぞ!という時に思わぬことが起こる。
でも大事なのはその先です。
その時に、慌てて混乱してしまったら、そのミスがさらなるミスを招き、演奏が崩壊してしまう事もあります。
でも今回の発表会では、ミスをしたり、しそうになった時、機転をきかせてミスをその場に置いていけたのが、とてもよかったです。
この事はとても重要で、それができるのは普段の練習の賜でもあります。
十分な練習を重ねていれば、どんなに緊張していても、体が覚えているので、瞬時に反応できるのです。
ミスを回避したり、演奏に突き進むその姿から、改めて普段の努力を感じました。みんな立派でした。
子どもも大人も、ピアノの前に座ったら本気ですからね。

私自身は、この発表会とさくら先生の結婚式でカプースチンの連弾「シンフォニエッタ op.49」の第1曲を弾きました。
長く故障している指や腕の問題もあり、この派手な曲をどう弾いたらいいのか、かなり迷うところでもありましたが、自分なりに準備した事は体が覚えていました。
画像は結婚式で弾いたベーゼンドルファーですが、発表会のフルコンといい、このベーゼンといい、ピアノが持つ力に大いに助けられたのも本当のことです。
いいピアノというのはとても力を持っています。
その力を味方にすれば、自分自身の持つ力もうまく出せるように思います。
緊張や疲れが加わるとかなり苦しい曲ではあるのですが、弾き通せた事は今後の自分の力として残ったはずです。

淡々と地道な努力を重ねていくのがピアノだと思います。
基礎的な事、あたりまえに見える事ほど強い土台になります。
面倒で辛いのが練習ですが、それを喜びに変えていくのも一つの力ですね。

                          かじはらかおる








[PR]
by kabopiano | 2016-08-10 12:54 | ピアノ | Comments(2)

また新たに

長らく更新をしていませんでしたが、またこれから新たに書いていこうと思います。

この教室は今まで母の私と、娘の2人でレッスンをしてきましたが、7月末の発表会をもって娘が結婚退職をしたので、これからはまた6年前のように、私1人で教室を続けていきます。
今後ともよろしくお願いします。

全国的に猛暑らしいですが、昨夜からの仙台はとても涼しくて、クーラーも扇風機も必要ありません。
暑い地域に向かってゴメンネ~とつぶやきながら、この涼しさを満喫しています。
みなさん、熱中症にお気をつけくださいね。

                                  かじはらかおる

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
by kabopiano | 2016-08-10 12:19 | 考えていること | Comments(2)

かじはらピアノ教室ブログです♪


by kabopiano
プロフィールを見る