<   2015年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

クリスマスがやってくる!

b0131993_15074553.jpg

b0131993_15074694.jpg

今年のレッスンも残すところ今週来週の2回となりました。
ピアノ教室もクリスマスモードで、ちょこっと飾りつけが増えていますのでお楽しみに003.gif

皆さんはクリスマスにどんなプレゼントが欲しいですか?
おもちゃやお菓子もいいけれど、私はピアノを弾けることはプレゼントみたいなものだなあと思います。
音楽を自分の力で味わうという特別なプレゼント。
一生色あせず、また消えてしまうこともない価値あるものを、自分のために残してみませんか。

この時期、ありがたいことに新規ご入会のお問い合わせを多く頂いております✨
新年や来るべき春に向けて、新しいことをスタートするいい季節かもしれませんね。

お問い合わせは、かじはらピアノ教室ホームページより、電話かメールでご連絡ください。
無料の体験レッスンを行っております。
実際にピアノに触れてレッスンをしながら、今後どういった形でピアノに取り組んで行きたいかを、お一人お一人に合わせてご相談していきます。

さてさて、クリスマスが終わるとあっという間に新年です。
当教室では、そろそろ次の発表会に向けて取り組み始める頃。(忙しい中高生や大人の方など、今年の発表会が終わってからすぐに練習に取り掛かっている方も!)
新しい一年とともに、気持ちを新たにピアノに向かえたらと思います♫

そうそう、今週来週レッスンに来た生徒さんには、ほんの少しだけど、小さなお楽しみがある…かも?

かじはらピアノ教室

[PR]
by kabopiano | 2015-12-18 15:03 | Comments(0)

たとえって難しい

奏法について説明する時に、具体的に体の使い方を指示することもあれば、たとえを使うこともあります。
リンゴがそこにあったとして、それを見て「赤い」という人もいれば「ちょっと傷がある」という人、「香りが強い」「ずっしり重い」などなど、10人いたら10通りの見方があります。
ピアノのレッスンではその人がどんな説明に対してピンときてくれるかをその場で探りながらレッスンが進んでいくので、さきほどのリンゴの話のようにこちらはいろいろなアプローチ方法を持っている必要があります。

今日のとあるレッスンでは、スタッカートについて説明をしました。
スタッカートにもいろいろな種類がありますが、その時に取り扱っていたのは弦楽器(とりわけセカンドヴァイオリンやヴィオラ)が弾いていそうな、軽くて合いの手を入れているようなスタッカート。
それを説明するために「もっと弱く、軽くひいてごらん」「もう少し短く」「指先の爪の近くで触って、鍵盤を離すときのスピードを速く」…と伝えるも、なんだか惜しい所でしっくり来ません。。

んじゃぁさ。と思い、
「これはね、メインディッシュじゃなくてそこに加えるスパイス。胡椒を2回パッパッて軽くふりかけてるような感じだよ。」
なんて言ってみたら、あら不思議。しっくりきちゃいました(笑)
何が相手にとってしっくりくるかは、予想できるようでふたを開けてみないとわからないものです。
レッスンをしていて面白いなあと感じるのは、こういう瞬間ですね。
もちろんレッスンを受ける立場でも、先生の言いたいことがストンと体と頭で理解できた瞬間が最高です。
先生と生徒の間で音楽言語(?)のチューニングをしていくわけなので、ある種の異文化コミュニケーションかもしれないなぁ、なんて思いました。


さてさてこのたび、かじはらピアノ教室のホームページをリニューアルしました。
ちょっとイメチェンしましたよ!
とは言っても大枠が完成しただけなので、これからちょくちょく更新していく予定です。
ちなみにトップのピアノの画像は我が家のピアノです。
ちょっとお化粧をしたら結構すてきになったのでびっくりしています(笑)
お時間あればのぞいてみてください。
かじはらピアノ教室ホームページ
[PR]
by kabopiano | 2015-12-16 22:01 | レッスン | Comments(0)

なんでもお見通し

小学生レッスン時に、
「先生はね、ピアノの音を聴いたらその人が1週間どんな練習をしてきたか、大体わかっちゃうんだよ。だからあんまり練習してないときに『いっぱい練習したよ』って言ってもバレバレなんだよ。今日もさ、片手の練習お願いしといたけど両手ばっかりやってきたでしょ?笑」

なんていうお話しをしていました。
私も生徒に一回は話すし、どんな業種の先生も同じ内容のことを言ってるであろう、ある種お決まりの話です。

そしたら小学生生徒は
「監視カメラがついてるの?笑」
と。
つまり、私が生徒の家に監視カメラをつけて練習の様子を見ていたの?という意味。

見 な い よ !

監視カメラがあるような気持ちで練習に励んでくださいね(笑)


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
by kabopiano | 2015-12-05 11:45 | おしゃべり | Comments(0)

ゆく道くる道

ピアノを教えていると、自分のピアノ人生を振り返る機会がたびたびあります。
普通のコースで積み上げてきたこともあれば、違う角度から補ってきた部分も相当たくさんあったなぁとも思います。

たとえば先日、クーラウのソナチネOp.55-2の第3楽章をレッスンしていた時。
自分が生徒に話している内容が、子どもの頃に弾いたり教わった経験というよりも、学生時代にやったオペラの経験も大きいなあと実感しました。
と言っても私は歌は歌えません(笑)伴奏ピアニストや合唱隊、またヴィオラとしてオーケストラ伴奏に関わったりしていました。
このソナチネの曲の展開は、全部が全部あてはまるわけじゃないけどオペラの1幕フィナーレっぽい部分があるなあと思いました。
これまでアリアやレチタティーヴォでは、一つの場面やそのときの心情をクローズアップして進めてきたストーリーが、フィナーレになると突然登場人物がほぼ大集合してそれぞれの思惑を語っていったり、隠し事が明るみになって大慌てになったりと、いきなりギュっとしてグチャってする感じ。
曲の解釈に対する根拠や考えを厚くしていくことの大切さを改めて実感した次第です。

それを考えたら、ピアノを習いに来ている生徒達は本当にすごいなぁ偉いなぁと思います。
継続する、積み重ねるというのは一つ一つの語法を覚えていくようなもので、ソナチネひとつとっても「譜読みしておいで~」と言ったら、きちんと自分なりに覚えた語法を使って表現をつけてきます。
「音符が読めてリズムがわかったら終わりじゃない」と言われた言葉が心に刺さります。
その先がいかに果てしないことか。(音符とリズムを正確にするのもよっぽど難しいのに。)

私は一時期、ずっと苦労して追いつかなくてという思いを抱えてたこともあったけれど、違うコースをたどっていったらより深く理解できるようになっていたこともたくさんありました。
全部の経験が無駄じゃないんだよ、マジメにやったことは血肉になってるよ、と生徒に伝えてあげたいです。そして当時の自分にも。

ちなみにクーラウってオペラ書いてたんですね。知らなんだ…。




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
by kabopiano | 2015-12-02 12:47 | 考えていること | Comments(0)

かじはらピアノ教室ブログです♪


by kabopiano
プロフィールを見る