<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

エンゲージリングもらっちゃった…

なんで私の薬指のサイズ知ってたの?
大切にするね♡

b0131993_133919100.jpg


b0131993_1342245.jpg



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
by kabopiano | 2013-03-14 13:42 | レッスン | Comments(4)

スタインウェイとヤマハの違いってなに?

このあいだ弟と話していたときに、
「ねぇ、スタインウェイとヤマハのピアノってなにがちがうの?」
と聞かれた。

まぁわたしとしては音楽に全く関係のない弟がスタインウェイを知っていたことにびっくりしたのだけれど笑、わかりやすそうな所をさらりと説明した。
でもあんまりピンときてない様子。
あれがちがう、これがちがうと言われても、まずもってピアノなんか弾かないんだから実感として理解できないのはそりゃ当然よね。

なのでふと、こんなたとえを話してみた。
「なんだろうな~、ひとくちに『パソコン』って言っても、OSがウィンドウズかマックかで全然別物じゃん。そんな感じ。」
すると弟は目からうろこが落ちたような顔で「ああ!なるほどね!」と言った。
この現代っ子め。
でも私、マックのパソコン使ったことないんだけどね(笑)超てきとー!
こんな説明しかできないなんて、私もまだまだだな!



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
by kabopiano | 2013-03-07 13:45 | ピアノ | Comments(0)

暗譜の王道

パソコンに向かう時間と気力がないのを言い訳に、近ごろはぽつりぽつりの更新です。
あと、現在リビングが物置状態になっているので、パソコンを広げるスペースを作らないといけないのも拍車をかけているかも(^_^;)

今まで何度も「あ~これはもう完全に駄目だな」と思うことや様々なピンチがありました。
ピンチのたびに「今回こそもうだめだ!」と思うのですが、喉元過ぎてから振り返ると失敗しつつもなんとかなったりしているものです。

でもね、今回はさすがにだめだと思うんだ。。

今弾いている自分の課題曲のことなんですけどね。
結構な量を暗譜しようと試みているものの、暗譜以前に満足に弾けないんだもの。
最初のうちは生き急ぐ気持ちでハカハカしていたのですが、私悟りましたよ。
ハカハカしようがしまいが、弾けてないことに変わりはない、と笑。

そんなわけで「暗譜しなきゃ!」という考えをまず捨てて、腹をくくって重箱の隅をつつくような練習にきりかえました。
そうした時に見えてきたのは、なんと言いましょうか、曲の道すじです。
ここのメロディがこちらに移り、ここに現れて、その時に手はこういうふうな形で移動していて、集合して、離散して、仲間をつれて戻ってきて、それって実はコレをやりたいからこそのアレで。。
そんなことが見えるようになると、なんかこの曲って甥っ子にいつも読み聞かせしている絵本みたいだなぁなんて思ったりするのです。

甥に絵本を読んであげると、もうストーリーをわかっているものだから
「それでこのむすめが変身しちゃうんでしょ?」
なーんて先に言ってきたりします。
自分は読む方で何十回も呼んでいるお話だから、もちろんストーリーは知っています。
だからこそ、自然といろいろなパターンでセリフを読んだり予想を裏切るような話し方で、聞き手に毎回新鮮な楽しさを提供できるのです。

ピアノ曲も同じで、おおよその筋は知っていても、自分の中で明確な筋道ができていないと表現には至りません。それに筋道が見えているからこそ表現の動機が明らかになるわけで。
暗譜というのはその筋道と、筋書き通りにピアノを演奏する時の体の使い方を頭と体にインプットすることであって、決してダイジェスト版の物語を暗唱することではないはずです。

パーツを集めて、組み立てて、修正する
という過程を経ないと、どんなに時間をかけたとしたって曲は仕上がりません。
暗譜暗譜!と勇んで、そのへんにあるちぐはぐなものをとってつけて組み立てたって、曲にはなりませんよね。
あたりまえだけど、いざとなると忘れてしまうものです。

暗譜の近道は暗記することでもなんでもなくて、曲の筋書きどおりに細やかな練習をしていくことが王道にして近道なんじゃないかなぁと思った今日この頃です。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
by kabopiano | 2013-03-01 16:44 | 練習 | Comments(0)

かじはらピアノ教室ブログです♪


by kabopiano
プロフィールを見る