<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

オタ?

レッスン中、口がいきおい余ったらしく

「いいですなぁ!」

と口走ってしまいました。

ただ単に「いいね!」って言いたかっただけだったのに…



それだけでは留まらず、今度は

「んじゃぁここからやりましょうぞ」

と言ってしまって。。



相手は歳が近い(と勝手に思ってる)大学生の子だったので、
普段からていねい語でも話してないし、自分でもまったくもって意味不明でした(笑)


なぜだかわからないけど、私はオタクになってしまた。
オワタ\(^o^)/




明日は口もレッスンも滑りませんように。


<さくら>
[PR]
by kabopiano | 2011-06-16 23:10 | Comments(4)

なおす

自分では別に普通と思ってやっているクセを、
それをあと7日後に是正してきなさいと言われたら。。

たとえば私なら、
「そのおどおどした歩き方をどうにか7日間でシャンとさせてきなさい!」
って言われたら、それはかなり難しいです(笑)


今年度から通いはじめた、しんかんせん君(仮名)。
と~~ってもまじめで一生懸命練習してきてくれます。
しんかんせん君がうちに通い始めてまだ日が浅い頃、
どうしても肩から手首にかけて力がガチガチに入ってしまって苦労していました。

「かっこいい手(アーチ状の自然な状態、の意)で、手をうごかす!」
という練習をずっと繰り返し、楽譜にも同じことを書きました。

とはいうものの、一朝一夕でできるようなことじゃないので
少しずつ…という気持ちでその週は終わりました。


そして次の週。
「んじゃぁまずピアノ弾いちゃおっかぁ」
と言って、しんかんせん君にピアノを弾いてもらいました。

あれ?
あれれ??

うそ~!なーおーってーーるーーーー!!!


なんとなんとしんかんせん君は、
普通はなかなか直せないようなクセを、たった1週間で直してきてくれたのです!!
ピアノを習い始めて日が浅いとはとても思えない上手さだったので、
おどろきもものきさんしょの木でした。はい、言い回しが古いですね008.gif

お母さんに聞いてみると、
「かっこいい手で、手をうごかして。」
と繰り返し言いながら練習していたらしい(笑)

ぃゃぁ~~~、学生時代の私に見習ってほしいです(汗)

だからごほうびのスタンプもたくさん押せて、
一回のレッスンで押したハンコの数が新記録更新しました~☆

私もしんかんせん君みたいに真剣にがんばらなきゃ!と思ったレッスンでした。


<さくら>

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
by kabopiano | 2011-06-15 20:59 | Comments(0)

いろおんぷ

みなさん、ピアノを習いたての頃って覚えてますか??

大人になってからピアノを始めた方は覚えてるかと思いますが、
小さい子どもの頃に始めた方で、一番最初のレッスンを覚えてる方はいらっしゃいますか?

私は覚えてません(o´c_`o)


記憶を辿ると、うちは転勤族じゃないのに昔はやたらと引越しをしていたので、
ピアノの先生も何回もかわりました。
たぶん転職族だったのかもしれない(笑)

だから小学校低学年までに習った先生達は、顔も名前も覚えてないです。。
一人だけ魔女みたいなどーーんとした先生がいたような印象はおぼろげにあるんだけど・・・


まぁそんな頃、わたしもまだあしだまなちゃんみたいなプリティな幼稚園児でした!(嘘)
直径1cmくらいの、おっきい玉の音符の楽譜を弾いたりしていました。(本当)
でもいかんせん子どもなので、集中力がなくなったりちょこっと楽譜が難しそうに見えるだけで
「この音わかんな~い」
と、側にいる母に音符を読ませようとします。

で、そう言われた母がなんて答えるかって言うと、決まって
「いろおんぷで調べなさい!」
でした(笑)

いろおんぷって、こんな。
五線に磁石の音符をくっつけるっていうアレです。
b0131993_1241899.jpg

「いろおんぷで調べる手間があったら、楽譜の音符ふつうに読むし。
それがめんどいから聞いちゃおうと思ったんじゃん」
という心の声が漏れそうになるのですが、それを言ったら機関銃のように怒られるんじゃないかと思い、
黙っていろおんぷを適当にいじり始めるというのが当時の流れでした。
だからいろおんぷっていうと、私にとってはそんな楽しいものではなかったかなぁと思います。


うちの教室に最近通いはじめた小学生の男の子。
とっても元気な子で、ピアノがだいすきです。
その子はいろおんぷがお気に入りなようで、来るといつもいろおんぷを使ってくれます。

その活用法はほんとにいっぱい!
まず磁石の音符を使って、数字などの文字を作ってくれます。
それも活字体の「1」や「2」で、ほんとにきれい。
そのあとに好きに音符を並べて、その通りに創作ピアノ曲を弾いてくれるんです。

あ~なるほど。
こういうふうにいろおんぷ使ったら楽しいかもね!
と思いながら、いろおんぷの思い出がよみがえってきました。



ちなみにこのいろおんぷ、うちの2歳の甥っ子もお気に入りなようで。。
「とぉーんとぉーんとぉーんとぉーんとぉーーーん」
って歌いながら音符を並べたり、
「トーッシュ、しゅ。」(トーマス、する)
と言って、機関車トーマスの曲を書いたつもりになって、私にトーマスの曲を弾かせたりします。

ちなみに最近よく喋るので、
「し・し・ご・ご・ご・・・」といいながら数を数えたりしています。
このあいだマスターした新しい言葉は、いろおんぷの板を見ながら「ト音記号」(笑)


いろんないろおんぷデビューがあるのですね。


最後になりましたが、毎回のように登場する母をオニのように形容してしまうときがありますが、
それは文章上のアヤで、ピアノの先生中はそんなに怖くない・・・と思うので、
みなさん誤解しないでくださいね☆

プライベートでは・・・ひ・み・つ。


<さくら>

応援よろしくお願いします♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
by kabopiano | 2011-06-08 12:42 | Comments(2)

かじはらピアノ教室ブログです♪


by kabopiano
プロフィールを見る