カテゴリ:連絡( 7 )

HPができました

スマホを持つようになってから、PCを開くことが極端に減りました。
それ以上に、ブログを書くことが毎日の習慣ではなくなり、気がつくとこのありさまです。
そして、娘が苦労して作ってくれたHPも、知らないうちにプロバイダがHP公開を中止してしまい(きっとメールで連絡がきていたのでしょうが、見落としていました)きれいさっぱりなくなってしまいました。
唖然呆然、また最初からHPを作る気力をどこから捻出すればよいのか、問題はそこからでした。

業者に依頼すれば見栄えのいいHPができる事はわかっています。
仕事なのだから、そのくらいの投資をして当然なのだともいわれます。
広告の入る無料ブログや無料HPを利用するのはプロらしからぬ、ということでしょう。
確かにそうですね。
余談ですが、このエキサイトブログは当初、広告の入らない無料ブログでした。
スキンはあまり種類がありませんでしたが、それでも広告のないブログはとても助かっていました。
でもいつまでもそんなに都合のいいことは続きませんね。やはり途中から広告が入るブログになりました。

その時に、有料広告なしにするか、無料広告ありにするか、少々考えました。
見栄えのために、プロっぽくするために、有料にしようかとギリギリまで悩みましたが、結論は御覧の通りです。
要は考え方次第なのかと思います。
この教室や私の何を見てもらえるのかを考えた時に、無料広告入りで価値が下がるのなら、そういうものなのだろうと思ったのです。
それはHPに対しても同じ思いです。
「広告入り無料HPを使う教室なんて」と思われるのなら、多分どこかでお互いズレが生じてしまうのだろうと。
それならば、全ての人に見栄え良くしなくとも、わかってもらえる方々に通じればいい、と思いました。

音楽、ピアノ教室というこの業界(?)にもいろんな風潮があり、流行りもあるようですが、
みんなが同じ方向を向いてしまったらつまらない。逆の事をする教室があってもいいのだと居直っています(笑)
だって、広告入り無料使っていても、レッスンで教えていることは何も変わりませんから。
ケチっているわけではありません。
この続きは次の記事で。



[PR]
by kabopiano | 2017-09-01 20:36 | 連絡 | Comments(0)

春の生徒募集のお知らせ

あと一週間ほどで入学式ですね。
仙台は入学式の季節にちょうど桜が咲くんですよ(*^^*)いい季節!

かじはらピアノ教室でも、この春からピアノを習いたい方の新入会をお待ちしています!
生徒さんができることとわからないことを見極め、難しいことをわかりやすく丁寧に教えます。
こちらは個人レッスンのみ行っておりますので、レッスンの進め方も画一的ではなく、ひとりひとりに合わせた教材やアプローチ方法を選べるのが特徴です。

ピアノを習うことにはどうしても「練習」という宿題がついて回ります。
大人でも練習を続けることは難しいことですよね((+_+))
それでもただ単に「練習してきなさい!」と言うだけではなく、どうやったら練習の習慣を身に付けていけるかを一緒に考えて行きたいと思っています。
スモールステップでも、小さな達成感を積み重ねていくことが大きな力になります。
ぜひご一緒にピアノを弾いてみませんか。

ちなみに…
教室近くの郵便局に置いてもらったチラシです。一部加工してあります。
これ、いつものうちのピアノシリーズですよ~!
ピアノは写真に撮るだけで画になりますね。
b0131993_14355755.gif


無料体験レッスンがありますので、お電話やメールにてお気軽にお問合せ下さい!
経験者も未経験者も、これまでの経緯や今後の展望などをお話ししながら、実際にピアノを弾いてみましょう~!

かじはらピアノ教室HP
http://members2.jcom.home.ne.jp/kabo518/
[PR]
by kabopiano | 2016-03-31 14:40 | 連絡 | Comments(0)

「なんでぞうなんですか?」

私の第3の故郷山形が、水浸しだと思ったら断水というニュースを聞き驚いています。県内でも状況は違うと思いますが、心配です。
友達が「水出た」って言ってたけど、早く平常運転に戻ることを願ってます。

さて去年、今年の発表会のプログラムは、記事でも書いたようにぞうが表紙です。
だけど生徒からしたら、なんで突然ぞうのプログラムなんだ??と思ってると思います。
やはり今年はとうとう「なんでぞうなんですか?」と聞かれました(^_^;)

実はこのゾウ、学生時代に授業中こっそり描きしたためたマンガが元になっています。タイトルはずばり「ぞうのマンガ」。
授業ちゃんと聞きなさいってね…。
そういえば数年前にその原稿がでてきて、懐かしくなったのでブログを作ってアップしたりもしましたねぇ。→ぞうのマンガ
「学生時代に授業中に描いたマンガをブログにしてみました。家族愛、思春期、食物連鎖などのデリケートな問題をテーマに盛り込んだ、何の教訓もないマンガです。ちなみに登場人物の名前は音楽用語。どうぞお読み下さい。」
(ブログ紹介より抜粋)

そんなわけで思い出深いぞうさん。
今となっては、なぜマンガを描こうと思ったのか皆目わかりません。
しかも人間は難しいからぞうさんにしようというところがまたしょうもないです(笑)
確か当時使ってた筆箱がぞうさん柄だったからぞうにしたような気が。
むしろ発表会プログラムはぞうのマンガのスピンオフ作品(?)笑。

そしてそして、なんか気分が乗ったので、ブログスキンも今年の発表会プログラムの絵に変えてみました。タグだっけ?やったことないからちょっと苦労したよ!
なんでぞうなのかって、これしか描けないんです(笑)
まぁものすご~~~~くお暇があってしょうがない時にでも、ぞうのマンガブログも遊びに行ってみてください。
記事一覧を見るとわかるのですが、その1~その4というタイトルが1作目、エピソード1~4というのが2作目です。2作も描いたのかよ!という皆様の心の声が聞こえてくるようです。実はアップしてない3作目もあるんだ(笑)


ぞうに一票よろしくね♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
by kabopiano | 2013-07-24 15:02 | 連絡 | Comments(2)

生涯原液

ブログを書こうとするとき、なんだか筆が重い…もといキーボードが重くなることがままあります。物理的な意味じゃないよ(笑)

別にやろうと思えば、
「今日は、自分のピアノの練習時間をたくさん確保できました。
特に練習した曲はバッハの平均律。
この曲を弾いているとハッピーシャワーに包まれて、まるで一面の音楽のお花畑にいるような気持ちになります。
この曲を通じてみなさまに愛と勇気をお届けしたいと感じました♪」
なんていう全く内容がないようなプリキュア的文章をマッハで羅列することはできます(笑)
そして意味なくダジャレを挟んでごめんなさい。

でも本当に心から書きたいと思ったことを吟味して一つ一つ言葉を選んで書いた文章って、自分の文章でも他人の文章でもこういうプリキュア文とは全く一線を画しているというか、なにかエネルギーを内包しているものです。
それと比べると、自分の出す言葉がカラッカラのペランペランだってわかっていつつポイっとブログにするのはやっぱりはばかられちゃって、キーボードがなかなか進まなかったりしちゃうことがときどきあります。。

思ったことを口にしたり文章にまとめたりするのって、思いのほかエネルギーのいる作業です。

ありふれた日常のワンシーンで、私は何でこういう時はこういうふうな言動をしちゃうんだろう?
と些細な一面をピックアップしてみると、掘り下げ掘り下げるうちに自分の内側から溢れてくる加工なしのむき出しの感情にぶつかることがあります。
それを直視することは、時にすごくエネルギーを要します。
でもそこでぐっと自分と対峙すると、ごく原液に近いものを絞り出せる…ような気がするんです。
そういう時に自分の成長を感じたり、ただただ惰性で過ごす日々では得られないよろこびがあったりするんだと思います。
お金も洋服もおもちゃもほどほどでいいから、そういう自分にしか掘り当てられないよろこびを、時間と労力を使って1つ1つ集めたいと思うのはごく自然なことですよね?

残りの人生何に使いたいかって考えたら、上記のようなことを何かで表現していたいと思うのです。
普段の生活然り、ブログ然り、ピアノ然り。
だからピアニストでもなければ文豪でもない一般市民の私だけど、単語のチョイスに悩み、休みとあれば寒いピアノの部屋に籠るわけです。
まーブログはふざけてますけどね(^_^;)
でももう少し言うと、本気でふざけていたいとも思うんです。ちょっと意味わかんないですね、、

無果汁でも果汁10%でも濃縮果汁還元でもなく、原液がいいんです。
それもいつもしぼりたての。
香料や砂糖はおいしそうだけどさ、どんなにたくさん入れても原液とは全く別物なんだもの。

オチもなにもないけど、眠くなってわけわからなくなってきたからこのへんでアデュー。
眠気はいつもミステリオ~ゾ
アメリカ産コンコードグレープを贅沢に使用した豊かなコクと自然なおいしさウェルチ!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
by kabopiano | 2013-02-12 00:26 | 連絡 | Comments(0)

ピアノ教室緊急時の備え

今回の地震は、かつて経験のないものでした。
余震も頻繁に起きています。

この頻繁な余震がエネルギーを分散させていると思いがちですが、
今回のような地震のパターンは、あとから大きな余震がくる事があるそうです。
今日のネットニュースにもこのようなことが載っていました。

東京大地震研究所は「M9クラスの地震では、最大の余震が1年以上先に起こることも考えられる。
誘発地震も含めた広い意味での余震は東日本全域で起こると考えて備えてほしい」としている。


私の住宅地は山が1つの町になっています。
災害発生時にここから出るということは、まずありません。

今週配るおたよりにも書きましたが、レッスン中に大きな地震が起きた場合、
ご家族との待ち合わせ場所を、
1、教室
2、館中学校
3、中央公園
の順番にします。

こんな事が再度起こるとは考えたくはありませんが、
今回の経験から、備えは万全にしなければと思いなおしました。
過去震度5の地震が何度もありましたが、
その時に、教室としての安全対策を考えなければと思いながら、
結局具体的な事は何もしていませんでした。
でも、大切なお子さんを預かっている自覚をもち直し、
教室として最低限の防災対策をしなければなりません。

ここをご覧になっているピアノ指導者のみなさんも、
教室の地域、地形なども含め、災害時に何が起きるのか、想定した備えをする事をお勧めします。

出口の確保は必須ですね。


☆今までブログランキングに応援をありがとうございました。
 しばらくランキングをやめることにしました。
[PR]
by kabopiano | 2011-04-07 10:20 | 連絡 | Comments(0)

春の生徒募集です

2月に入ったので、春の生徒募集のお知らせです。

レッスンの内容はHPにも簡単に載せてありますが、
ご質問等があれば、メールなどでお問い合わせいただければと思います。

ピアノのレッスンは1対1ですので、
教室の方針や指導者のタイプなど、とても重要ですね。
その点もあわせて、無料体験レッスンなどで感触をつかんで下さい。
ピアノを通して喜びを共有できる出会いになるよう、
私自身も心から願っています。

教室や自分自身の「宣伝」をするのは得意ではありませんが^^;
こうして多くの方に知ってもらわなければ、出会いのチャンスがありませんので、
え~い!と勇気を出して、お知らせしています。

今日は近所のスーパーに、教室カードつきのポスターを張ってきました。
(八百ふじさん、ありがとうございます)
教室カードは、はがして持ち帰れるようになっていますので、
見かけた方はどうぞお取りくださいね♪

お申込み順に時間がうまっていきますので、
早目のご連絡をお待ちしています。

ここは「あなたの本気を応援するピアノ教室」です。
でも、本気じゃなくても応援しますので、どうぞお気軽に♪(笑)


こちらは応援してくださいね
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

ランキング参加中です
[PR]
by kabopiano | 2011-02-07 21:24 | 連絡 | Comments(0)

夏でもソックスを

今日から9月。
例年の仙台なら暑さも落ち着く頃ですが、今年は例外ですね。
私はいつも寒がりなので、夏でもあまり暑さが堪えないのですが、
今年はじめてガリガリ君を食べました。
あれは子どもの食べ物で、自分には関係ないと思っていましたが。
もともと牛乳や生クリームが体に合わないので、アイスクリームもあまり食べないのにです。
もうすでに50本以上食べたと思います^^;
よい子はマネしないでね(笑)

この教室では、レッスン室にカーペットが敷いてあるので、
生徒のみなさんには、夏でもソックスを履いてくるようお願いしています。
この暑さの中、少しでも涼しいスタイルでいたいのは当然なのですが、
グランドピアノを2台と楽譜棚などを置いてあると、カーペットをとりかえたくても、そう簡単にはいきません。
本当なら1年に1度カーペットを替えてきれいにしたいところなのですが、大仕事を考えると難しい問題です。
カーペットの上に1帖用カーペットをいくつか置いて対処していますが、みなさんには引き続きご協力をお願いします。

フローリングのレッスン室にしたいですが、我が家は構造上音が鳴りすぎるので^^;
カーペットの下には、コルクマットも敷いてあるんですよ。

ソックスで暑い分、冷え冷えのレッスン室でお待ちしてま~す♪


クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

ランキング参加中です
クリックで応援よろしくお願いします
[PR]
by kabopiano | 2010-09-01 14:16 | 連絡 | Comments(0)

かじはらピアノ教室ブログです♪


by kabopiano
プロフィールを見る