カテゴリ:曲( 3 )

あとのカーニバル

「後の祭り」をもじって、ふざけて「後のカーニバル」って言ったりするじゃない。
カーニバルって「謝肉祭」だよね。
謝肉祭ってシューマンだよね。
それ弾いてるのって私だよね!(他にもいます)

はい、そんなわけで絶賛お肉感謝祭中の私です。

ちょっと聞いてくれますか?
全然弾けないの。
おっそろしいことに、譜読みすら半分までしかいってないの。
一応できた半分も、何がどうしたのかわからないくらいヨボヨボなの。
譜読みくらい絶対終わると思ってたのに、こんなことになるとは思わなかった。。
なんで? Why? Warm?

まさにあとのカーニバルですな!!

ははっ。

自虐記事ですみません。。

じゃぁぼんじり屋さん(甥)とおふろ入ってきます。


クリックしてくださるとっれれ←甥がやった
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
by kabopiano | 2013-01-26 20:46 | | Comments(2)

童謡モーツァルト

みなさんメリー苦しみますイヴ!
おでかけ日和の休日だというのに、私は今日も甥のお守りです。
ちょうど甥がお昼寝してくれたので、甥の寝る間にブログという算段。

つるのよめさまというお話を読んでほしかったらしく、
「ねーね、むすめの絵本読んで」
と言ってしまったり、斧の絵を見て
「これっておのぎり?」
と聞いてきたり、まだまだ一般常識の怪しいやつです。
のこぎり+斧でおのぎりになったのかな笑
彼、お店ごっこでは「ぼんじり屋さん」の店長になりきってました。
なんで斧を知らないのにぼんじり知ってるんだよ!!

そんな甥を尻目に、隣のレッスン室ではばあば(私の母)がモーツァルトを練習していました。
18番 D durのやつ。
それを壁ごしに聞いていた甥、
「これきしゃぽっぽの声(曲のこと)じゃない?」

冒頭の
            ラー ラ ラー
      ファ  ファ
  レ  レ  レ
ラ  ラ

が、童謡「汽車ポッポ」の

        ぽっ  ぽっ
  しゃ しゃ   ぽ   ぽ
き   き

に聞こえたらしい(笑)
どうですか、みなさんは聞こえましたか?
やばいね、神童が作った曲が童謡に聞こえるなんて。よっ、東北のモーツァルト。
子どもってなんで頭の中がこんなにおもしろいんだろう(笑)
ではみなさん、すてきなイブとマスをお過ごしください。


今日もクリックよろしくね♡
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
by kabopiano | 2012-12-24 15:08 | | Comments(4)

穴があったら入りたいケルンコンサートの思い出

中2病というのがありますが、
自分と子ども4人の経験から、中2と高2はとても危なっかしい年齢だと思っています。
思春期は本当にやっかいです(笑)

キース・ジャレットの「ケルンコンサート」というアルバムが出たのは、
私が高2の頃でした。


1曲目のこれを耳にした時、体の中に衝撃が走りました。
高校生なのにイキがって、近くの小さなジャズ喫茶に行ったのですが、
そこのマスターがこのLPを教えてくれたのでした。
(ジャズ喫茶のマスターに口ひげがあるのは何かの決まりなんでしょうか?笑)

私は総武線に乗り、お茶の水にまっしぐら。
こう!と思ったら誰も止められない性格。
頭の中はこのLPを買うことしかありません。
お茶の水のレコード店でこのレコードを手にした時のあの気持ち。
ちょっと大人になったような、背伸びしたような。
今考えると恥ずかしくて身をよじりたくなるけれど、私にも青春時代があったんですよ(笑)

その後バカなバカな私は「ジャズピアノの道に行くしかない!」と思いこみ。
そのためには、高校を中退すべきだ、そうだそうだそうなのだ!と、勝手に1人で盛り上がったのでした。
究極のマヌケ高校生。

レコードプレーヤーが壊れてしまったので、もうレコードは聴けません。
ケルンコンサートも、CDで買いなおすしかないと思っていたのですが、
なんと便利なYou Tube。
でもこれ、著作権どうなってるんでしょうね^^;

そんなこんなで、今はキース・ジャレットの、バッハ平均律を聴いています。
デケル人はなんでも弾けるんですねー。
キースのバッハ、いい演奏ですよ♪


応援してもらえると嬉しいなぁ~♪
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

ランキング参加中です
[PR]
by kabopiano | 2011-02-13 17:56 | | Comments(12)

かじはらピアノ教室ブログです♪


by kabopiano
プロフィールを見る