カテゴリ:未分類( 39 )

仙台市泉区館 かじはらピアノ教室 教室案内

仙台市泉区館のかじはらピアノ教室です

レッスンご希望の方は kajiharapiano@gmail.com へご連絡ください





b0131993_1440942.jpg





[PR]
by kabopiano | 2018-12-31 11:12

ハノンは筋トレじゃないから

ほとんとの人がやりたがらないハノン。
ごくたまに「嫌いじゃない」という人もいますが、「ハノン大好き!」という人にはまだ会ったことがありません。
そうですよね。退屈で、面倒で、面白くなくて。
なんでこんな練習しなきゃならないのかと、私も子どもの頃思っていました。
特に1番から30番あたりまでは、延々と左右を同じ音で機械的な音を繰り返し弾かなければならず、これを遊び盛りの子どもに弾けというのは、ある意味拷問かもしれません。

ハノンを始める時に、私はいつも「これは退屈で面白くないからね」と一言付け加えます。
子どもにウソはいけませんから(笑)
でも、ピアノを上手に弾くためのヒントがたくさんあるからがんばろうね、ということです。

指の独立、指の強化というイメージが強いかもしれませんが、私がハノンをレッスンで使うのは、それ以前の目的があります。
それは、頭の中をほぐすこと。
左右の指が対称なのに同じ音を弾くのは、簡単そうに見えて簡単ではありませんね。
同じ指で同じ音だったらどんなに楽だろうと思います。

指の独立とは、指の機能的な意味よりも、頭で指令した事と各指がつながる事だとも思うので、ただ機械的に他の事をしたり考えたりしながらハノンを弾くのは、時間もエネルギーももったいないと思います。
そこをいかに伝えるかが指導者の仕事なのですが、これもまた難しいことです。
だって、ツマンナイ練習だから(笑)

頭をほぐしながら、指や手首や肘、筋肉の状態を確認しながら、無駄な力を使わずに弾く、ってどうですか。慣れたら楽にこなせますが、慣れるまでがとても大変ですよね。
なのにみんなハノンを投げ出さずに弾いていて、エライエライ。

ハノンは決して筋トレ的テキストではないことを、レッスンの中でうまく伝えられたらと思っています。


この頃パソコンを開く事が少ないのでスマホで書いていますが、キーボードを打たないとやっぱり調子でませんねぇ(汗)

[PR]
by kabopiano | 2016-09-16 13:28 | Comments(0)

問題です

b0131993_15233074.jpg

このえのき、何音符だ〜?(笑)






こんにちは。
この時期、インフルエンザでのお休みや学級閉鎖で予防の為にレッスンをお休みする生徒さんが増えてきました。
みなさんお大事にして下さいね。

さて上の写真、白い音符は
b0131993_15233082.jpg

二分音符が答えかと思いますが、

b0131993_15233118.jpg

全音符と言えなくもないですね。
でも棒がついてるからやはり二分音符でしょうね!
すみません、スーパーに行くたびにこのえのき見て気になってたんです(笑)


さてさて、教室に来てくれているとある生徒さんは英語しかしゃべれないので、私も超簡単な英語を使ってレッスンしています。
難しい事を伝えたい時には、一緒にレッスンに入ってくれるお母さん(日本語は勉強中)がこちらの意図を汲んで本人に伝えて下さるおかげでスムーズに進んでいます。

リズムの勉強をしている時、普段日本人の生徒に教えるように「たん」や「たーあん」という言葉と手拍子を使いながらレッスンを進めていました。
幸いすぐに理解してくれたようで、楽しそうにリズムを叩いてくれました(*^^*)

が、よく聞いてみると「たん たん」というところで「tang tang」て言ってる!

普段のリズム練習が、なんだかずいぶんかっこいいリズムに聞こえたレッスンでした(笑)


[PR]
by kabopiano | 2016-03-02 15:00 | Comments(0)

ピアノの教材と言えば

こんにちは。
全国的に天候が荒れていますが、仙台市にある当ピアノ教室も雪かきに追われていました。
冬季は雪かきをライフワークにしている私。長年欲しかったスノーダンプをようやく導入し、さぁこれからだ!という時に、今年は足腰の調子が悪くなり雪かき禁止令が出てしまいました。がーん
住宅街で雪がなかなかとけにくいので、駐車スペース確保にも一苦労です。
生徒の皆さま、お気をつけてお越しくださいませ。。


さてさて、教材ピアノを習う人の中ではとってもメジャーな教材の中に「メトードローズ」と「ブルグミュラー」があります。

まず、メトードローズを使っていたとある生徒さん。
楽譜を手に取りひと言、真顔で
「ローストビーフ…」
と(笑)
なんとなく気持ちは伝わるけど、一文字も合ってないよ〜‼︎と、レッスン中にみんなで爆笑でした。おいしいよね。

レッスン後にこんなことがあったよ、とローストビーフ事件をかおる先生に伝えると、かおる先生もやってしまいました。
「そういえば、ブルグミュリャーは買わなくていいの?」
エビフリャーみたいですね。名古屋っ子かな?

以上、食いしん坊ピアノ教室からお届けしました(笑)

[PR]
by kabopiano | 2016-01-25 11:31 | Comments(0)

新年大喜利

明けましておめでとうございます!
ピアノ教室も先週から年始のレッスンがスタートしました。
うれしいことに今年から新しい仲間たちも増えて、ますます楽しく、にぎやかになりそうな予感です😊


さてさて、新年初レッスンでの出来事を一つご紹介します。
「二つの音符にスラーがついたら、前の音を重たく、後ろの音を軽く弾く」という基本ルールがあります。(色んなパターンがあるかと思いますが、基本的にね)
それを略して「おもかるだよ〜」なんて言ったりもします。

とあるレッスン時にその2つの音のスラーが出てきたので、
「二つの音符にスラーついたら何するんだっけ?」
と質問した所、その生徒さんはずいぶん前に言ったことなので忘れてしまったようでした。
私が「じゃぁヒントね。『おも…』⁉︎」
と言うと、その生徒は
「おも…しろい?」と。

いやいや、そうじゃなくて〜(笑)
「じゃぁ、おもてなし??」
チッガウヨ!大喜利じゃないんだから(笑)
重軽ですよ、お・も・か・る。
今年は忘れないでね(笑)


[PR]
by kabopiano | 2016-01-12 10:15 | Comments(0)

クリスマスがやってくる!

b0131993_15074553.jpg

b0131993_15074694.jpg

今年のレッスンも残すところ今週来週の2回となりました。
ピアノ教室もクリスマスモードで、ちょこっと飾りつけが増えていますのでお楽しみに003.gif

皆さんはクリスマスにどんなプレゼントが欲しいですか?
おもちゃやお菓子もいいけれど、私はピアノを弾けることはプレゼントみたいなものだなあと思います。
音楽を自分の力で味わうという特別なプレゼント。
一生色あせず、また消えてしまうこともない価値あるものを、自分のために残してみませんか。

この時期、ありがたいことに新規ご入会のお問い合わせを多く頂いております✨
新年や来るべき春に向けて、新しいことをスタートするいい季節かもしれませんね。

お問い合わせは、かじはらピアノ教室ホームページより、電話かメールでご連絡ください。
無料の体験レッスンを行っております。
実際にピアノに触れてレッスンをしながら、今後どういった形でピアノに取り組んで行きたいかを、お一人お一人に合わせてご相談していきます。

さてさて、クリスマスが終わるとあっという間に新年です。
当教室では、そろそろ次の発表会に向けて取り組み始める頃。(忙しい中高生や大人の方など、今年の発表会が終わってからすぐに練習に取り掛かっている方も!)
新しい一年とともに、気持ちを新たにピアノに向かえたらと思います♫

そうそう、今週来週レッスンに来た生徒さんには、ほんの少しだけど、小さなお楽しみがある…かも?

かじはらピアノ教室

[PR]
by kabopiano | 2015-12-18 15:03 | Comments(0)

ピアノはあなたを写す鏡

学校でプール授業を受けてきた小学生生徒。
保護者の方が「プールに入ったから髪の毛がポヤポヤね〜(笑)」と言ったところ、ピアノの開けた蓋を鏡代わりに覗き込んで
「えっ⁉︎あ、ほんとだ!」
とのこと。
鏡代わりにしちゃう気持ち、わかるよ(笑)
私もかつて学生時代は、アップライトピアノの譜面台を鏡代わりにしながら、前髪切ったっけ…
(蓋は閉めて、その上に紙を敷いて切る。そこまでするなら洗面台に行けばいいんだけど)

なんて考えてたら、
「前髪が踊るピーナッツ!」
(※彼女が発表会で弾く曲名が踊るピーナッツ)
とニコニコっと笑いながら彼女が言った。

いや〜、いつも彼女のちょっとした発言には意表を突かれてます(笑)
踊ってたね、前髪。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
by kabopiano | 2015-06-25 22:59 | Comments(0)

おじぎの意味

発表会も近くなり、練習やレッスンも本番を見据えたモードになっています。
とくに、まだ舞台経験の浅いおちびちゃん達には、おじぎの練習も何度も繰り返しています。

ぺろんぺろーん(?)とよくわからずにおじぎをしてしまう子には、
「おじぎはね〜、これから演奏するからみなさん聴いて下さいっていう気持ちでしようね〜」
と説明すると、きちんと深々とおじぎをしてくれました。

またある子に同じ説明をしたところ、
「おじぎは聴いてくれるみんなに向かって気持ちを送るの!心のメール!016.gif
と、うっとりと答えてくれました。

みなさん、心のメールです。
もういちど言います、おじぎは心のメールです!!

いやぁ〜、現代っ子だなぁ。
その発想はなかった(笑)

みなさんもぜひ、おじぎをする際には心のメールを送ってみて下さい。
届くといいね??


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
by kabopiano | 2015-06-19 11:51 | Comments(0)

とりとめなく編曲と時の流れと

まだわたしが小学生の頃のことですが、ピアノ教室でピアノを使っていると私や妹たちがピアノの練習をできないので、応急的にリビングに電子ピアノを置くことになりました。
これでもう時間がなくてピアノの練習できない!という言い訳は通用しなくなり(笑)
ヘッドホンをつけて練習するのですが、どうせわからないだろうと思って電子ピアノに内蔵されている音楽データを聴いたり、音色を変えて遊んで弾いているとなぜだかすぐにバレてしまうんですよね。懐かしい。

今日日ほとんどの電子ピアノには演奏の録音機能がついていると思います。
当時(ほんとに昔)の電子ピアノにしては珍しく、我が家にあった電子ピアノは一回につき5パート分録音できるシステムになっていて、私はその重ね録り機能が大のお気に入りでした。
気に入った流行りの曲やCMの曲を聴いては電子ピアノの中からそっくりな音色を探し、メロディを録音し、和音を手探りで探し、そのうちにベースラインというものがあることにも気づき、そうしたらパーカッションも入れたくなり…。
ついにはドラムの部分を再現するために、ドラムセットっぽい音がする鍵盤をいくつか探してドラムぽくツクツクパクツクとたたいては満足していました(笑)

それが中学生になると「ハノンの練習促進教材を作ろう!」となぜか思い立ち、コラール風ハノンやら何やらを作るようになりました。
練習促進などと言っておきながら、自分でそれを使って練習したことはなかったように思いますが、、笑
もうどんなの作ったか忘れちゃったなぁ~。
記録媒体がフロッピーだったところにとってもジェネレーションを感じます(笑)
あのフロッピーももうどこかにいっちゃって見つからないし。

そんな経緯で、わからない・知らないなりに編曲やパロディーなどに興味を持つようになりました。
音楽の勉強や仕事をする上で作編曲の勉強は避けて通れないし、できて当たり前のことではありますが、実際に大学のオーケストラや室内楽のメンバーに演奏してもらう機会がたくさんあり、子どもの頃電子ピアノで遊んでいたことが形になるのを初めて目にして本当にうれしかったのを覚えています。
といっても当時は手探りでやっていたので、見返すとほんとーーーーーうに拙作ばかりでめちゃくちゃ恥ずかしいのですが、、、
ふと思い出してなつかしのmixiを数年ぶりに開いてみたら、こんなの出てきました(笑)
d0035523_113567.jpg

ごていねいに手書きのパクリ表紙まで作っちゃって、何やってるんだか!
これは「こち亀」のOPをオケにしたんですね。
ほかにはあられちゃんとかドラゴンボールとかドラえもんとかサザエさんとかとか…ますます何やってるんだか。

時は流れて、先日友人の結婚パーティーがありました。
その人はオーケストラサークルで一緒だった友達なので、拙作シリーズをたくさん演奏してくれたひとりでもあります。
そんな経緯もあり、今回の式とパーティーのために弦楽四重奏で賛美歌とサザンオールスターズメドレーを作ってほしいと頼まれて先日実際にパーティーの場で演奏してもらいました。

演奏者の弦楽四重奏メンバーのみなさん(ほとんど初対面)とお話しをした時、ヴィオラ奏者の方に「わたしも昔ほんのちょっとヴィオラやってたんですよ~」と言ったら、
「どうりで!なんかヴィオラにおいしいところ多いなと思いました!笑」とのこと。
やっぱり実際に経験のある楽器だと、とくにヴィオラなどという花形とは言い難い楽器には、自然とサービスしたくなっちゃったんでしょうか。

すてきな二人が結婚してほんとによかったなぁという思いと、いまだにサザンメドレーなぞを書いては演奏してくれる友達がいてよかったなぁという思いと、そういえばなんで編曲に興味持ち始めたんだっけ…などという思いが浮かんでは消え、おいしいごはんと共に楽しい時間を過ごせました。

そう考えると、なにがきっかけになり、なにが将来役に立つかってわからないものです。
いつも思うけれど、ピアノ教室でピアノを習っている生徒の中で将来大人になってもピアノを続ける割合は、正直とても少ないと思います。
でも、それが吹奏楽でもバンドでも、物事への取り組み方や問題の考え方でも、もしくはぼんやりと楽しかった思い出でも大変だった思い出でも、知らないうちに何かがその人の中には残っていくのだと思うと、今背中がぶるりと震えました。
何が残るんだろう。
できれば良いものばっかり残していけたらいいんだけど。






にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ

[PR]
by kabopiano | 2015-05-13 11:43 | Comments(0)

ナイスバディな言い間違い

レッスンにて。
b0131993_195811.jpg

私「音符の上についてるこの記号の名前、なんだっけ?」

生徒「く…くびれ⁉︎くびれスタッカート!」




くさび形スタッカート、ね。
ぷふふかわいいまちがい010.gif010.gif010.gif
おしかったね!笑
まぁ正式には「スタッカーティシモ」ですね。


こんな感じで毎日まじめに楽しくレッスンしていますよ!(笑)
かじはらピアノ教室 春の体験レッスンはまだまだ申し込み受け付け中です(*^^*)
現在レッスン枠に若干の空きがございますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
体験レッスンは無料で〜す。
[PR]
by kabopiano | 2015-04-18 19:50 | Comments(0)

かじはらピアノ教室ブログです♪


by kabopiano
プロフィールを見る